• LINE

カウンセリング

個人カウンセリング

Individual

 
 

カップルカウンセリング

Couple

 
 

家族カウンセリング

family

 
 
 

講座

カウンセラー養成講座

Counselor

 

基礎から学ぶカウンセリング講座

Basic

 

親子塾

Parent and child

 
 

東日本カウンセリング研究所 代表からのメッセージ

東日本カウンセリング研究所
代表からのメッセージ

五十嵐 豊子 いがらし とよこ

東日本カウンセリング研究所 代表


みなさま,東日本カウンセリング研究所のホームページにようこそ!


始めて、見て頂く方も多いかと思い少し私達の今迄の足跡を話させて頂きたいと思います。

東日本カウンセリング研究所として、平成6年に設立。
私立高校のカウンセラーとしてスタートしました。

そのころ不登校生が増え、少年の犯罪が増加するなどの社会現象が注目されるようになり「カウンセリングを受けたい」「カウンセリングを学びたい」という人たちが増えて研修会が始まりました。

そういう活動がメディアからも注目され、「列島リレードキュメント」で臨床の場が放映され今迄にも増して増え、カウンセリングが世の中に必要であると理解されたと実感いたしました。


平成15年、カウンセリングの要請が高まる中、会員が、共に学びその学びをこの地域社会に生かそうと結集し「NPO法人東日本カウンセリングセンター」を設立。

発足から毎年恒例の記念行事をその年に見合ったテーマを絞って、開催してまいりました。会員の中には遠く関西から、北陸から、年に1度の参加者がいます。

残念なことに、ここ2年間はコロナウイルス感染症の影響が大きく、今までのような活動を行えておりません。

イベントは企画をしても開催を断念する事が多く、NPO法人東日本カウンセリングセンターの活躍の場が持てなくなり、今年2月の総会の決定でNPO法人を清算しました。

カウンセリングの勉強を続けて欲しいとの方たちの声を大切にして、実践カウンセリング、理論その他の講座を、リモートその他、みなさんが学びやすい形態を模索しながら勧めていきます。

企業名は初めの「東日本カウンセリング研究所」です。

只今、事例集を作成準備中です。皆様の期待に添えるような、勉強会にしていきます。

 

最新コラム

親子
自分の意見を言うということ

言葉の発信 日本では自分の思ったことや考えたことをはっきり言うと嫌われる。答えが分かっていても手を上げない光景がよく見られます。アメリカに行ってみた姿は、凄く元気にハイハーイと手を挙げている姿があり、何だろうこの違いは。 […]

続きを読む
青年期
虐めについて学校危機への対処とアメリカの実情

アメリカの子ども達 虐める側・いじめられる側。いつか逆転するかもしれない両者が自分の言い分を相手に言い合い、多くの人の前で自分の意見を言い、相手の意見も聞く。そして怒りをきちんと感じることが大事。それを暴力行動に結びつけ […]

続きを読む
青年期
若者鬱について

カウンセリングの場で増える若者鬱 カウンセリングの場でも無気力状態の人が増えてきました。怠けているとしか思えない、お医者さんのところへ行っても体はどこも悪くないけど本人はやる気が起きない、何もしないでぶらぶらしている様に […]

続きを読む